【首絞め・首吊りフェチ】シネマジックの奇才・東雲勇太監督作品!サドとの対話で啓かれる美人仏文学者の悪徳のマゾヒズム

シネマジック・東雲勇太のSM動画 猿轡
PR

当ブログは記事内上下また本文中にアフィリエイト広告を利用し、その売り上げによって運営されております。

シネマジック・東雲勇太監督作品

【シネマジック・東雲勇太】サド侯爵の女 REIあるいは悪徳の夢魔 徳永れい

奇才・東雲勇太監督とシネマジックのSM界最強コンビが描く悪徳のマゾヒズム!サド文学との対話によってM性を開花させてゆく美人仏文学者

・こんにちは!お待たせいたしました、本日はシネマジックが誇るSM界の奇才・東雲勇太監督作品『サド侯爵の女 REIあるいは悪徳の夢魔 徳永れい』をご紹介させていただきたいと思います。

本作は「画・構図」が本当に美しくぜひそこに注目してご覧になって頂くと、シネマジックそして東雲勇太監督の創り出すSM・ボンデージの世界観にぐっと引き込まれる事と思います。

そして、東雲勇太監督作品は過去2回ご紹介させて頂きました。どちらも素晴らしく、この作品を見て自分は同監督とシネマジックの世界観に魅せられた次第です。よろしかったら皆様もご覧になってみてください!

【みひな(永井みひな)】自らを『マゾの器』とし肉体に忌むべき相手の精神を宿し醜悪姦邪に貶める心優しきマゾヒストの哀れな復讐劇
心優しきマゾヒストのみひな(永井みひな)が自らのマゾな肉体に憎き姉の精神を宿し淫乱で醜悪な牝豚に堕ちて復讐するシネマジックボンデージ・SM作品の傑作! ・こんにちは!本日のオススメ作品は、個人的に一番大好きなAV女優みひな(永井みひな...
【原美織】Bondage in Wonderland:東雲勇太監督が描く実体二元論のボンデージ・SM心理実験。容れ物にされた囚われの赤頭巾
シネマジックの奇才・東雲勇太(しののめゆうた)監督がボンデージSMに実体二元論を取り入れ描きだす美しき性的倒錯の世界。 ・こんにちは!本日はシネマジックの東雲勇太監督作品の原美織ちゃん主演『緊縛童話シリーズ 穢された赤頭巾ちゃん 原美...

上の二つの作品では「肉体」+「精神」という図式で、永井みひなちゃんや原美織ちゃんというたまらなく愛くるしい二人の美少女の肉体にM性を宿し厳しい調教を施してゆくといった構図で物語が展開されてゆきました。

今回はその東雲勇太監督を代表とする「実体二元論的SM調教」ではなく、女優の中に秘めていたM性がマルキ・ド・サドの文学に触れ対話し、そしてSM調教によって目覚めてゆく「マゾヒズムの開花」という構図になっているのかなぁと思いました。

段々と常識的な美徳を否定し、悪徳のマゾヒズムに堕ちてゆく美人仏文学者の徳永れい。これもやはり面白かったです( ・ㅂ・)و ̑̑̑ グッ

サドとの対話により秘めたM性が啓かれ悪徳のマゾヒズムが開花し堕落してゆく様を映し出した美しいSM調教の被虐美世界

「悪徳こそわれわれ人間に固有のもの、つねに自然の第一法則なのであって、それに比べればどんな立派な美徳だって利己主義的なものでしかなく、分析してみれば実は美徳そのものが悪徳なのだということが」

──マルキ・ド・サド『悪徳の栄え』

サドの悪徳の栄えの一編から物語は始まります。真面目で美しい仏文学者の徳永れいの元にマルキ・ド・サドの翻訳の依頼が来る。「性的な文学は…」と抵抗を示すれいだがサドを読み進めてゆくと、次第にれいは心にサド侯爵が語りかけてくるような現象にとらわれ、淫靡な妄想の頽廃世界に堕ちてゆく…

「サドを深く理解しようとするあまりに悪い夢でも見ているのだ」

鉄の手枷・手錠

鉄の手枷・手錠をはめられる美人仏文学者・徳永れい、サドとの対話でマゾヒズムが開花してゆく

そう自分に言い聞かせるれいだったが自らの陰部に触れると、淫らな愛液で溢れ体が反応をしていることに気づいてしまう。そして、自分の中で眠っていたマゾヒズムが啓かれてゆくことに快感を覚えてゆくのだった…

物語はこの様な展開になっており「マゾヒズムの開花」に焦点があてられたストーリーとなっています。ストーリーも面白いのですが、本作で一番オススメしたい部分はやはり画・映像が美しいというところです。なので今回は美しいと思った映像のシーンご紹介させて頂きます。

・まずは最初のサドの世界に入ってゆくシーンでは堅牢な鉄製の手枷が登場します。そして、体を縄で前屈したような体勢に緊縛され後手に鉄の手枷をされ、豆絞りの手ぬぐいでの鼻上被せ猿轡をされ床の上に寝転される仏文学者・徳永れい。

シネマジックのボンデージ動画:鼻上被せ猿轡の美人

鼻上被せ猿轡がなんとも美しい!

DID・ボンデージで鼻上猿轡で緊縛拘束される美人

SM作品でこのDID・ボンデージ的なワンシーンをいれてくるのはすごく効果的でした。

シネマジック・東雲勇太監督のSM動画

被せ猿轡・ボールギャグと口枷の種類もたくさん登場する

シネマジックのSM・マゾ調教される美人仏文学者

サドとの対話でどんどんと妄想の世界でマゾヒスト調教を受けてゆく

鉄の手枷がカチャカチャと冷たい音を立てて響くのがなんともフェチく、さらに鼻上被せ猿轡をされくぐもった呻き声も最高なシーンです。SMというよりはアメリカのハーモニー社のボンデージ・DID的な画です。こういったアメリカンボンデージ風な拘束は、まるかつ監督のイメージが強いですが東雲勇太監督もすごく効果的に使用されるようです。ここからどんどんと東雲ワールドが加速してゆきます!

・次のシーンではレザーのボンデージレオタードと光沢を放つタイツに包まれたスラッと伸びた美脚がなんともフェチく、自ら鼻にフックをかけ牝豚のような見にくい鼻の穴がめくれ上がった顔で男根を模した極太の梁型をむしゃぶりつくように咥え込む。

フェティッシュなボンデージレオタードとタイツ

ボンデージのレオタードと光沢のあるタイツに包まれた美脚!なんともフェチぃです(*´ω`)

鼻フックで自分の顔を陵辱する女

自らの鼻にフックをかけ顔面陵辱する。

鼻フックをしディルドをしゃぶるマゾヒスト

鼻フックをした惨めな顔でディルドをフェラする

首吊りフェチ&首絞めフェチのSM動画

バケツに結ばれた絞縄に首を通し首吊りで自分で首締めプレイをするマゾヒスト・徳永れい

独りで首吊り・首絞めプレイをするM女

顔が土気色に変わりながら乳首を捻じり上げエクスタシーする。

そして、本作では首絞め・首吊りフェチ的な要素を盛り込んできた東雲勇太監督。重しに水の入ったバケツが結ばれた絞縄に自ら首を通し、乳首をひねり上げながら頸動脈をキリキリと締めてゆく麻縄の感触と、血の巡りを止められ遠のいてゆく意識の中に感じる朧気な悦楽。顔から血の気が失せ土気色へと変わると、目を上に向きながらブルブルと震え痙攣するようにエクスタシーをする徳永れい。

・お次のシーンは実にシネマジック・東雲監督らしい周りが暗闇の中で女優にだけスポットライトをあて映し出す、拘束され吊るされた美女の画。やっぱシネマジック作品はこういう明暗をくっきりとさせた演出がとてもディープなSM・ボンデージの世界観を作り出していると思うのです。この設定を見ると「あ?シネマジックだな」って思いませんか。

シネマジックのSM・ボンデージ動画

シネマジックらしいシーン。暗闇の中、光をあてられた拘束されたM女

ポンプ式バルーンギャグ(猿轡)

珍しいポンプ式のバルーンギャグも登場。口の中で膨らんでゆき口を閉じることができなくなる

SMでの拘束首絞めプレイ

こちらでも首絞めプレイが行われる。しかし、すごい顔色だ…(;´Д`)

このシーンでも首絞め・首吊りフェチ的な拘束がされています。

・本作の中で一番美しいと思ったのはこのシーン!全頭マスクを被され真っ逆さまに逆さ吊り緊縛にされた美人仏文学者。残念なことに一分足らずほどのシーンでした、むしろマスクを被せるところから徐々に吊し上げてゆく一連の流れを見せてほしかったほどです。

全頭マスクをかぶされ逆さ吊り緊縛にされたマゾヒスト

個人的にはここが一番美しかったです。全頭マスクを被され逆さ吊り緊縛で吊るされたM女。

・そして、東雲監督と言ったらこの構図!後ろ手を吊られるように拘束され、体は前屈な姿勢を取らされ、鼻フックなどの顔面陵辱の状態で正面を向かされるという、この画こそ東雲監督の真骨頂ではないでしょうか?本当に特徴的で美しいですよね。

東雲ワールドのSM動画

腕を後手に吊られ前屈みで正面を向かされる。この構図を東雲勇太監督を多用しているように思います。美しいですね~(*´ω`)

指で鼻フックをした牝豚M女の顔に射精

「ここにください!」と指で鼻を吊り上げ牝豚顔になるM女徳永れい。鼻の穴めがけてザーメンを射精する

・フィナーレはM字開脚緊縛で天井から吊り下げられ、口には開口マスクが装着。さらにマスクの開口部分にホースを取り付けられて媚薬を大量に流し込まれて強制投与されてしまう。そして、美人仏文学者・徳永れいの自我が完全に崩壊し悪徳を美とするマゾヒストに堕ちてしまったところで幕が引けてゆく……。

開口マスクでマゾ開発調教を受けるM女

開口マスクが登場!暗闇に妖しい光沢を放つ革製の口枷はとてもインパクトがあります。

開口マスクにホースを取り付け媚薬投与

開口マスクにホースを装着し、閉じられない口から強制的に媚薬を投与してゆきます

開口マスクとM字開脚の吊り緊縛でマゾヒスト調教

美人仏文学者・徳永れいは媚薬を大量に摂取させられ、自我が崩壊してしまい完全に堕ちてしまうのだった…

東雲勇太監督なので面白いのは言うまでもないのですが、本作は特に服装だとか拘束・緊縛などの造形的な美しさが特徴的だったなあと印象に残りました。ストーリーも性的なものに関心を持たなかった女性が、調教を受けながらかなりハードなM女に堕ちてゆくのでそちらも楽しめると思います。シネマジックの『サド侯爵の女 REIあるいは悪徳の夢魔 徳永れい』とてもオススメな一本です!ぜひぜひ

FANZAで購入 (猿轡マニアから皆様にお願いがあります(′・ω・`) ご購入頂ける際にFANZAページ内にて当ブログで紹介した内容とお間違いないかご確認されたのち「今すぐ購入」ボタンを押して頂けますとダイレクト報酬として30%頂ける仕組みになっております。しかし、一度他のページにリンクで飛んでからご購入頂きますと何故かカテゴリー報酬となり10%に減らされてしまいます…。ダイレクト報酬だと記事を書いた労も報われ一気にモチベが上がります!ご厚意は次の作品の購入資金にあて皆様に、作品の良さが皆様に伝わるよう詳細に記事を書き情報として還元させて頂きたい所存です。お手数をおかけして大変心苦しいのですが何卒一つよろしくお願い申し上げます。)

500円~

実践記事!『FANZA(旧DMM.R18)で実際に動画を購入しスマホで視聴してみる』

DUGAで購入

500円~ DUGAレビュー0件(2020年3月現在)

タイトルとURLをコピーしました