返信先: 【猿轡・口枷総合情報共有スレッドPart5】

PR

当ブログは記事内上下また本文中にアフィリエイト広告を利用し、その売り上げによって運営されております。

ホーム フォーラム 猿轡・口枷総合掲示板 【猿轡・口枷総合情報共有スレッドPart5】 返信先: 【猿轡・口枷総合情報共有スレッドPart5】

#32873
Haris
ゲスト

こんにちは。Harisです。

今日は作品情報ではなく、ちょっとした考察をしたいと思います。
添付ファイルはすべてAIを通じて生成したものです。

まず、最も大衆的な猿轡の二大山脈の一つ、テープです。
主に映像媒体(ドラマ、映画)などでよく登場し、色も黒、銀色、緑(韓国限定)と様々です。
個人的な見解では、テープ猿轡は滑らかな表面の質感と唇を覆うのが魅力だと思います。

次は両大山脈の残りの一つを預かる噛ませ猿轡です。
噛ませ猿轡の魅力は多分少し開いた唇とテープよりも高い接近性からくるものだと思います。 いつでも、どこでも、服さえあればそれで作り出せるインスタント猿轡!
そして負担が少ないというのも長所でしょう。 テープは取る過程で痛くなることもあり、ボールギャグは口を開け続けなければならないのであごが痛くなることもあります。

次はアダルトメディアの常連客、ボールギャグです。
なんというか、ボールギャグは私の立場から見れば少し珍しいです。 口を開けさせる構造なので、外見を壊しやすく、着用する人にもかなり不便で、音を防ぐという役割にも忠実ではありません。
それでもやはり魅力はあるでしょう。 特に穴があいたボールギャグがそうです。 穴の間から流れ落ちる唾はとても官能的に見えますよね?

次はビットギャグです。
前のスレッドに掲載された文章の中で、- (長瀬麻美)のビットギャグとX字目隠し拘束&緊縛調教【口枷・猿轡】-
という作品に該当する文をご覧になったらもう読んだかもしれませんが、作成者はビットギャグを相手を獣のように扱い、征服欲を刺激するものと考えています。そして構造上、これも唾液が流れやすい形なので、これも一つの魅力だと思います。

最後に紹介するのは鼻上被せ猿轡(OTN)です。本質的には口上被せ猿轡と大きく変わらないので一緒に説明します。
これの最大の長所は「多様さ」だと思います。 材質が布に当たるものなら何でも使っても問題ないほど汎用性が高く、単独で使っても、詰め物を一緒に使ってもいいですよね。
また、下管を隠してくれるという若干のメリットもあります。 しかし、着用者の外見が優れていれば優れているほど、これは短所として作用することもあります。

最後に紹介するのはリングギャグです。
これはボールギャグのように着用者の口を開かなければならず、開放された構造なので音も防げず、唾液がほのかに流れ落ちる形でもありません。しかし!このすべての短所を相殺しても残る最大の長所を保有しているから!
口でできるあらゆる悪いことができるということ!これ一つだけでも十分説明できると思います。

さて、元々は開口器とか、開口マスクとかいくつかありますが······そこまで紹介するには量が多すぎて大きく分類できるものだけを中心に減らしてみました。 みなさんはどんな猿轡がお好みですか?

Upload Errors:
  1. 4-1.png: File exceeds allowed file size.
  2. tmpqj0byvqf.png: File exceeds allowed file size.
  3. tmpoajkixba.png: File exceeds allowed file size.
  4. tmp75meqxfu.png: File exceeds allowed file size.
タイトルとURLをコピーしました