返信先: 【猿轡・口枷総合情報共有スレッドPart1】

ホーム フォーラム 猿轡・口枷総合掲示板 【猿轡・口枷総合情報共有スレッドPart1】 返信先: 【猿轡・口枷総合情報共有スレッドPart1】

#21258
ガーゴイル
ゲスト

悪魔の沼って、ホラーとしてはD級ですが、DID物としてはA級と思います。そして、以前からこの作品のマリリン・バーンズの姿に私が抱いていたことが『母親が縄と猿轡で貶められ囚われの存在に堕ちる。』ということで、的確な表現ありがとうございます!
本作は、1回観ただけでは背景が見えにくいと思いますのでご覧になった後、以下の点を気にしながらDIDシーンを再見していただいて、私の感想が正しいのか、また、他のDID愛好家から見た悪魔の沼の感想を聞いてみたいと思います。以下はネタバレと思いますので、本作観た後でお読みください。
 以下ネタバレ
クララが解雇され追い出される時、「あのモーテルに泊まるなら、ここで働いていたと言うな」と警告されますが、売春婦に向かない彼女がモーテルでジャッドに迫られない為なのですかね?宿泊する売春婦は、ジャッドの相手をさせられていた思われ、また、彼の部屋には女物の靴、バッグ等が散見され、強姦され殺害された宿泊女性が多数居たと推測。旅行中の一家が訪れた時、ジャッドは妻のフェイを一目見て欲情した様に見えますが、夫がトイレを借りるために寄っただけで、彼女を襲うことは考えていなかったハズですね。その後、浴室に彼女がいると知った時に欲情したと思います。浴室のドアに耳を当て、不気味に笑いなが浴室を通り過ぎる彼、女のHな姿を想像しムラムラしているのかなと感じます。一方、「っん」「あん」と色っぽい吐息とともに、着衣を脱ぐ姿が大変エロく、名場面の一つですね。
まもなくジャッドは真顔になりますが、「館内には幼女のみ、他の客は外出中、今なら浴室の女を好きにできる」と気付いたのだと思います。ドア1枚を隔て、キモ男の欲望の対象にされているとも知らず、ブラウスのボタンを外しながら、どんどん無防備な姿に興奮します。
ジャッドに襲われ、黒いシャワーカーテンに包まれ、身動きできなくされた彼女が床にねじ伏せられ、後ろ手に縛り上げられる姿に「おぞましい罠にかかった若い母親」って感じがします。ジャッドは彼女を殴打しますが、失神させてからエロいことをするつもりだったのでしょう。が、悲鳴を聞いて駆けつけた幼女が外に出て行き、この状況を誰かに知らされると悟ったジャッドが必死に幼女を追います。幼女が床下に逃げ込むと入り口を施錠し、安堵の表情を見せる彼、「これでしばらく時間が稼げる」との思いでしょうね。続いて母親が追い詰められていく場面が最高です!彼女の捕獲を確信し嬉しそうなジャッドと娘に「逃げて!」(リスニング苦手ですが、Away!Angie!と聞こえます)と叫び、助けを呼ぶフェイですが館内に誰も居ないこと、自分はキモ男に囚われてしまうことを悟る姿に興奮します。
その後、ジャッドに殴打されたフェイ、気が付くとベッドにY字拘束されていますが、やはり『磔』にされた姿を連想します。ジャッドは「子供が床下に逃げたから引きずりだす」といって彼女を部屋に残す展開に「何もしないで放置!?」との意見を聞くこともありますが、外出中の客が幼女に気付き通報されないようにしなければならない訳で、それが失敗しフェイに逃げられ自分も鰐に喰われる結末になっていくのが彼の運命ってことなんですけど、他の客が戻る前に幼女が始末されたとしたら、想像するだけで興奮ものの展開になるのでしょうね。因みに、彼女が廊下で暴行され、ベッドで目を覚ますまでに二人の間に性的関係ってあったのでしょうか?そんな時間は無かったとも思いながら、もしかしたらあったかも?ただ、ある映画雑誌でマリリン・バーンズの監禁シーンについて、「あの肉体の上下動はセックスの姿態を加速したもの」との記述があり、拘束を解かれた彼女に何となく「強姦されたっぽい雰囲気」を感じます。これって「緊縛も猿轡も経験したことがない純白の下着姿の美しい母親が黒いガムテーブで厳重に口を塞がれ、肢体をギチギチに縄でベッドに縛り付けられ、「目に見えない何かに犯されていた」からと感じるからですかね。
本作の撮影時マリリン・バーンズは27歳のお色気満点の状態で監禁部屋は彼女のフェロモンでムンムンしてそうですね~。

タイトルとURLをコピーしました